余分な仕事・・・番外編

最近、家で飼っているピー(ミニチュアダックスフンド)が、以前にも増して私にべったりという感じになってきました。
いつも仕事が一通り終わって、一度、嫁さんとピーと私と2人+1匹で住まいに帰ります。
家でごはんを食べて私はしばらく休憩した後、会社にもう一度仕事をしに出かけます。
だいたい再び家に帰るのが11時~11時30分位で、夜も遅いので近所に迷惑にならないよう騒音を立てずに静に家に入ります。
ところが、何日か前から、私が住まいの鍵を開けるとピーがそのガチャッという音を聞いて2階から、大喜びで一目散に降りてきます。
私も今までは出迎えもなかったのに、かわいい子犬の出迎えに何かしら喜ばしい気持ちになり、疲れも少し取れたような気持ちになります。
テレビを少し見て、風呂に入り、寝る前に、夜中にオシッコを家の中にしないようドアを開けて、家の前の砂利の上にさせます。
その日もドアを開け、オシッコをさせようと外に出したら、遠くはなれた所で、自転車のちゃりんという音が聞こえました。
夜、暗がりで、警戒心を張りつめて外へ出たとたんに音がして、
「自分の縄張りが犯された」
と感じたのか、
大声で、
「わんわんわんぁん。」「わんわんわんぁん。」
音のする方へ一目散に走っていきました。
もう12時過ぎで、皆寝静まっている時に
こちらは大声で叱るわけにもいかず、追いかけながら、声を抑えて呼び戻そうとします。
「こら!静にしろ。戻ってこい。近所迷惑になるやろ。深夜やぞ。晩やぞ。」
夜中に、そんな大声で騒いだら、近所迷惑だし、晩害になるぞ!
番外[晩害]編でした。悪しからず。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA