紙屋のお客様

5月も6月も盛り上がり無く過ぎていった。
仕事に追われてないと色々考えてしまう。
紙屋の主なお客様は、印刷屋さん・文具屋さん・官公庁・紙器屋さんです。
印刷屋さん・文具屋さん・紙器屋さん達皆、流通の急激な変化とデジタルへの素早い移行に対応するため四苦八苦している。
官公庁は皆入札方式になってしまい、人情味が無くなってしまった。
なんだろうこの状況は!
現代の異文化公式(印文官公紙器)に対応しなければ私達に明日はない。・・・・・