洋型2号の封筒印刷につきまして・・・3

 *** 1へ戻る ***
 *** 2へ戻る ***
次に、星物語[シャーベット]1~99枚100枚を選びました。
一般には、結婚式の招待状を入れる封筒を印刷するのに画像は使わないと思いますが、見本ですし、イラストも一緒に印刷した方が色の出方や滲み等もわかるのではと思い、とりあえず色々な色が使われているエンジェルの画像を挿入しました。
又、プリンターの説明とか使われている紙の品名とかは、住所や名前と離してプリントした方が、実際に使われた時のイメージに近くなりわかりやすいだろうと思い、左下にレイアウトし直しました。
以下のような感じになりました。色は現物と少し違っておりますが、そこそこ感じよく仕上がったと思います。
星物語[シャーベット]
この時、印刷の仕上がりでいくつか問題がありました。下図を見て下さい。
星物語[シャーベット]印刷図
封筒の蓋部分の汚れは、実はこのときは、まだ解らなかったのですが、図のようにヘッドがこすれて汚れておりました。
又、左下にレイアウトした文字が二重になっておりました。
この原因は、私のかってな判断ですが、その箇所が何重にも紙が重なっており、ヘッドが往復した時にふくらんだりへこんだりするため、インクを吹き付ける位置がわずかにずれ、二重線になったのだろうと思います。
ただ、普通こんな箇所にあまり印刷しないだろうし、紙の重なったこの部分のみ二重文字になっているだけで、それ以外の箇所は二重線の問題は起きておりませんでした。
逆に問題が起きそうな箇所については、そのまま印刷しておいた方が参考になるだろうと思い、あえてその位置にプリントする事にしました。
二重まぶたはかわいいですが、封筒のふたが汚れて文字が二重というのはよろしくないですな?
次に赤が、画像ですので、わかりにくいと思いますが、黒っぽい赤になってしまいました。モニターの画面上で見た時は、紅のような色だったのですが、茶色に近い色になってしまいました。
次の作業として画像編集ソフトを使い、赤の色をもう少し明るい色にする事にしました。
・・・・・続く *** 4へ ***
ショップに戻る
 

洋型2号の封筒印刷につきまして・・・2

 *** 1へ戻る ***
さて、今回試したプリンターは、顔料系のインクジェットプリンターです。
何でもそうですが、良いところもあれば、悪いところもあります。
顔料系のプリンターは、黒がはっきり印字されますし、あまり色あせはしませんし、インクジェット専用紙ではなくても意外と鮮明に色は出ます。
ただ残念ながら色が悪い。特に赤が黒っぽい。
このプリンターを購入したのは去年ですし、信じられない位のスピードで、パソコンやプリンターは改良されていますから、今はもっと綺麗に印字できるかもわかりません。
さてまず、試し刷り用のコピー用紙に印刷して向きと位置の確認をし、洋2の蓋を開き、寸法を設定しました。
ここで忘れがちなのが、紙の種類の設定です。
この機種には、封筒がありますので、紙の種類は封筒に設定しました。
最初に、星物語[パウダー]1~99枚100枚を選びました。
文字は、滲みによってつぶれにくい明朝を選びました。
普通は、墨1色ですので、裏面に下の画像のように印刷しました。
星物語[パウダー]印字全体
拡大すると以下のようになります。
星物語[パウダー]印字拡大
色の違いは、技術力不足で修正し切れません。ご了承下さい。いやしきん力不足かも。とりあえずしきん距離から見るとこうなりました。
あまり文字も潰れてないし、そこそこ綺麗に出力できたと思います。とりあえずここまでは、たいした問題もなく来る事が出来ました。
・・・・・続く *** 3へ ***
ショップに戻る
 

洋型2号の封筒印刷につきまして・・・1

今回は、洋型2号の印刷につきまして、決して高価ではない弊社所有のA4インクジェットプリンターでプリントした時に感じた事を記事にしてみます。
弊社が在庫をしております特殊紙洋2封筒
 (星物語・江戸小染はな・こざと・NTラシャ・トレーシング・OKミューズバナナ・キュリアスIR・マーメイド) に
インクジェットプリンター[エプソン;PX-V780]で印刷してみました。
伊勢の紙のお店で、
「色の出方」とか「滲み具合」を見て頂くのに
今までもプリント見本はおいてありました。
普通の紙に印刷するのと違い、封筒は、紙の重なった部分がかなり厚くなりますし、うまくいかない事が今回もいくつかありました。
普通の人は、私みたいに気軽に店の商品を持ち出してうまく印刷できるとか出来ないとか試してみるわけにはいきません。
ぶっつけ本番で、ロスがあまり出ないように注意しながら、でも失敗しながらプリントするしかありません。
今回、私が苦労したポイント等を書いてみたら、皆さんの参考になるかもしれないでしょうから、プリント見本の画像を見ていだきながら説明していきたいと思います。
ソフトはイラストレーターを使いました。
ワードとか一太郎ではありませんので、ちょっと出来ない作業があるかもわかりませんが、そこはご勘弁下さい。
まず印刷の封筒の大きさですが、プリンターに最初から登録してある洋型2号はふたを折ってある状態の114mm×162mmになっておりました。
ふたは開いた状態で印刷した方が全体的に薄くなりますから問題が少ないと思います。
1.そこでプリンターのプロパティで用紙サイズをユーザー定義サイズにし、ふたを開いた時の大きさの162mm×162mm(種類によって大きさが違います)を入力し、適当に名前を付け保存します。
2.弊社のプリンターは、設定にもよりますが、画面の下側からではなく上側が先に紙に印刷され出てきます。(紙の縦・横の設定によっては画面の左側が先に印刷され出力されてきます。)
3.その為、まずコピー用紙を162mm×162mmのサイズに仕上げ、試し刷り用の紙を用意しました。
4.封筒の下側からプリンターに給紙されるのが好ましいと思い、先ほどの弊社のプリンターの特性の上側部分から印刷される事をふまえレイアウトを逆さまにしました。
印刷の方向
・・・・・続く→ *** 2へ ***
ショップへ