親孝行

私は今まで
「自分が親孝行をした」
などとはみじんも思っておりませんでした。
母から、家から通える学校に行ってくれて、
「本当に助かった。親孝行をしてくれた。」と何度か聞きました。
別にそんな事どうこうないなんておもっておりましたが、
今回自分が親の立場になって
はじめてその意味を実感できました。
今の商売は自分の代で、3代目になります。
私の父もあまり商才があるわけでもないので
商売も現状維持をずっと続けて
私にバトンタッチしてくれました。
私も自分で言うのも何ですが、
商売下手で、色々始末して
何とかつぶさずにここまでやってきました。
残念ながら、自分の家族含め
周りの人に人並みの生活をさせているとは言い切れません。
そんな中、2番目の子供が、
家から通える学校に行ってくれました。
子供より親が喜びました。
私の実感「月10万助かる」
親孝行だ。
 

確定申告

今日は3月4日、毎年恒例の確定申告の時期となりました。
いつも思うのですが、
公的な機関から発行されている説明書というのは、
何故か大変解りにくい感じがします。
再生紙を使ったり、周囲の自分に対する評価を気にするいう事については過敏な感じはします。
ところがその肝心の文章の表現の仕方が、
「親切丁寧にしてくれてはいるのですが結局は解りにくい。」
色上質とか使って、色分けなんかしたらもっと簡単に解りやすいものができるような気がするのですが?
久方ぶりのblogで硬い文章になっていますが、
最近、あんまり投稿してないのに、
トラックバックの襲撃にあっています。
たまにまともな物も有りますが、
くだらないのが多くて、整理するのが大変。
blog毎日書いたりしたら、トラックバックの
嵐みたいにならないでしょうか?